CBDグミはキマるって本当? 効果や安全性について徹底解説


CBDグミは、カンナビジオール(CBD)を含んだグミタイプの製品で、様々な効果が期待されています。
しかし、「CBDグミはキマる」という噂があり、安全性や効果について疑問を持つ方もいるでしょう。この記事では、CBDグミの効果や安全性について徹底的に解説し、その真相を明らかにします。役立つ情報を得て、CBDグミを正しく理解し活用してみてください。


 

1.CBDグミとは?CBDグミについての基礎知識

1-1. CBDとは何か?

CBDとは?
CBDとは、麻(アサ)という植物から抽出される成分のひとつです。

麻から抽出される成分の総称をカンナビノイドと言い、カンナビノイドの中の一つであるカンナビジオール(Cannabidiol)を略しCBDと言います。

麻には、何千年も昔から薬として使われてきた長い歴史があります。現在、CBDが持つ健康効果が、世界中の科学者や医師によって試され、実証されつつあります。

CBDは、人間や動物が持っているエンドカンナビノイドシステム(ECS)と呼ばれる生体内システムに作用します。

ECSは、神経系や免疫系などさまざまな生理機能を調節する役割を担っており、CBDはその働きをサポートすることで不安やストレスを軽減したり、痛みや炎症を和らげたりする効果が期待されています。

 

1-2. CBDグミにはどんな効果があるのか?

CBDは、保健医療学雑誌の論文によると、不眠、鬱防止、ストレスの緩和、鎮痛作用、慢性痛の解消、吐き気や嘔吐の緩和、アルツハイマー病の予防や治療の有効性などの効果が報告されています。

 
これは、CBDが体内にある「ECS(エンドカンナビノイドシステム)」へ作用し、
「興奮系・鎮静系の神経伝達物質」がそれぞれ過剰に分泌されている場合、これを抑える作用があるためです。

例えば興奮して寝られない場合、自律神経のバランスを整えてより寝やすくすることが期待できます。

CBDグミは、その手軽さや美味しさからCBD初心者にもトライしやすいとされており、様々なフレーバーがあります。CBDグミに含まれるCBDの量は商品によって異なり、1粒あたり5mgから40mg、50mgのものまで様々です。

ただし、CBDグミの効果は身体のサイズや代謝、空腹状況、摂取時間帯などによって個人差があるため、適切な量や摂取方法を見つけることが重要です。

 

2.CBDグミでキマることはあるのか?安全性について

2-1. キマるという言葉の意味と由来

CBDの効果
「キマる」という言葉は、主に薬物やアルコールを摂取した際に、ハイな状態や酩酊状態を指す際に使用されます。

この言葉は、向精神性の薬物を摂取して酩酊状態になることを意味しており、トリップする、ラリる、酩酊する、トランス状態になる、キめる、トぶ、トランス状態に陥る、我を忘れるなど、同様の意味を持つ言葉が存在します。

2-2. CBDグミではキマらない理由


CBDグミでキマることはありません。

CBDグミではキマらない理由は、THCという成分がキマらせる原因であり、CBDグミには含まれていないからです。

THC(テトラヒドロカンナビノール)は、大麻草に含まれる成分で、幻覚作用や意識変化を引き起こす物質です。これに対して、CBD(カンナビジオール)は、大麻草に含まれるもう一つの主要な成分で、THCとは異なり、精神活性作用を持たないとされています。

つまり、CBDグミには、キマらせるTHCが含まれていないため、摂取してもキマることはありません。

日本では、CBD製品は、THCが非検出レベルであることが求められており、これにより流通が可能となっています。

ヨーロッパの基準値では、産業用ヘンプに含まれるTHCの濃度が0.2%以下であることが求められており、アメリカでは0.3%以下とされています。

このような基準値を満たしているCBDグミは、THCが非検出レベルであり、キマらないため、安心して摂取することができます。

 

2-3. CBDグミの副作用について

CBDグミは、天然由来の成分であり、世界保健機関(WHO)も安全性を認めています。
精神作用や依存性がなく、安全に摂取できます。

しかし、CBDグミを食べすぎたり、他の薬と併用したりすると、副作用や危険性があることも知っておく必要があります。

まず、CBDグミには薬物相互作用という現象が起こる可能性があります。
これは、CBDグミに含まれるCBDが他の薬と干渉し合って、薬の効果が強くなったり弱くなったりすることです。例えば、抗生物質や抗てんかん剤などの薬を服用している人は、CBDグミを摂取する際に注意が必要です。

また、血圧降下剤や抗凝固剤などの薬もCBDグミと併用すると危険です。CBDグミを食べる前には必ず医師や薬剤師に相談してください。

次に、CBDグミには眠気や倦怠感などの副作用が出る場合があります。これは、CBDグミがエンドカンナビノイドシステム(ECS)に作用して心身をリラックスさせる効果があるためです。

この効果は不安やストレスを和らげたり睡眠の質を高めたりするメリットもありますが、運転や仕事など集中力や判断力が必要な場面では問題になります。

3.CBDグミは違法?購入する際の注意点


3-1. 日本でCBD製品は合法的に販売されている


日本では、CBD製品は合法的に販売されています。

ただし、THC(テトラヒドロカンナビノール)という大麻草に含まれる向精神作用を持つ成分が含まれないことが求められています。


日本国内で販売されているCBD製品は、厚生労働省の輸入手続きを経たCBDを用いて販売されています。

海外のCBD製品が日本に入ってくる際には、販売代理店がきちんと日本の法律に抵触しないCBD製品を厳選している場合が多く、
輸入時には税関でも検査が行われています。

 

3-2. CBD製品を購入する際の注意点

安全なCBD製品を購入するために、信頼できるメーカーやショップから購入しましょう。

CBD製品は、日本ではまだ新しい市場であり、安全性や品質が保証されていない製品や、偽物や模倣品などの不正な製品に出会う可能性があります 。

そうした製品を使用すると、効果が得られなかったり、副作用やアレルギー反応を起こしたり、最悪の場合は健康被害を受けたりする恐れがあります。

このため、CBD 製品を購入する際には、
信頼できるメーカーやショップから購入することが大事です。

信頼できるメーカーやショップかどうかは、以下のようなポイントをチェックしてみてください。
  • 製造方法や抽出方法などの工程が透明であること
  • 口コミやレビューなどの評判が良く、実際に効果を実感した人が多いこと
  • 運営会社や問い合わせ先が明確で信頼ができること

以上の点に注意してCBD製品を選ぶことで、安心してCBDの効果を享受することができます。
 

4.当サイトおすすめ安心安全のCBDグミ「HARENOMI」


Amazonやデパートで話題の日本で製造された、糖質オフでナチュラルなCBDグミ。

糖質オフで無添加なので、罪悪感なく夕方以降に食べられます。

体にやさしい国産素材にこだわり、人工甘味料やゲル化剤、光沢剤、着色料、精製された白砂糖は使用していません。

フレーバーは、高知県産の柚子を使ったフルーティな柚子レモン味と、
北海道産の赤ブドウを使った薔薇ワイン味の2種類です。

どちらも優しい甘味で食べやすい一方で、
CBD成分を一粒あたり30mg配合と高濃度に配合しています。






関連記事
CBDオイルは違法って本当?日本での規制状況を解説
CBDグミのレビュー。おすすめグミや実際に食べてみた感想も紹介