CBD・CBDグミの危険性とは。健康面のリスクや副作用など危ない噂は本当?

CBDグミに含まれるCBDは、麻由来の成分のため、「身体に危ないんじゃないの?」「違法なんじゃないの?」と気になる方もいるのではないでしょうか?

この記事では、CBDの安全性や副作用、安心安全なCBDグミの選び方についてご紹介します。



 

CBDは基本的に安全

CBDとは、「カンナビジオール(Cannabidiol)」の略称で、麻(あさ)から抽出されるカンナビノイドという成分のひとつです。

CBDは、基本的に危険性はなく、安心安全です。

様々な効果・効能をもたらすことで、近年日本でも人気が拡大しています。

 

依存性や精神作用は認められていない

麻(あさ)から抽出された成分と聞くと、抵抗を感じる人も少なくありませんが、日本国内で販売されているCBDは安全に摂取できる成分です。

 

その安全性は、WHO(世界保健機関)でも認められています。

 

CBDには、精神活性作用や依存性を示唆するような作用は認められていません。

 

近年、スポーツ選手の利用も増えており、

2018年、世界ドーピング協会で 、CBDをドーピング薬物規制対象から外すことが決まりました。これにより、大会出場を目指すアスリートも、リラックスや痛みの緩和にCBDを使用できるようになりました。

 

また、最近は医療の現場でも注目されており、CBD製剤「エピディオレックス」を用いた治験が日本でも始まりました。

難治性てんかんを患う人が服用しても、強い副作用が少なく、安全性が高いことから、医療業界からの注目を集めています。

 

妊娠中、授乳中は避ける

アメリカ食品医薬品局(FDA)によると、妊娠中、授乳中の女性のCBDの摂取を避けるよう、警告しています。

妊娠中、授乳中のCBDの摂取に関する研究がほとんどなく、安全に使用できる保証がありません。

CBDが安全な成分だとされていても、妊娠中、授乳中の女性に与える影響が不明のため、摂取は避けるべきでしょう。

 

薬を服用している人は注意

 

薬を服用している場合、CBDを摂取することで、薬によって作用が強く現れる可能性があり、注意が必要です。

なぜなら、CBDがシトクロムP-450(CYP)という薬物代謝酵素を阻害する働きがあるためです。

阻害されると、薬物の代謝が低下して、血中濃度が上昇します。

すると、薬の作用が強く現れ、副作用が増大する原因となります。

 

ただし、CBDグミを1日1つ食べるくらいではあまり気にする必要はないでしょう。

文献によると、CBDの摂取量が1回100mg を超えてくると他の薬剤に影響が出るという意見もありますが、一方で「1000mg くらいは大丈夫」とする報告もあります。

 

CBDを摂取したことで、薬が効きすぎる気がした場合、CBDの量を少なくしたり、中止することも必要です。

 

不安な方は事前に医師に相談することをおすすめします。




 

一日の上限摂取量にも注意

日本のCBD研究の第一人者である佐藤均教授によると、CBDの摂取量は一日100mg以下を推奨しています。これを超えて、多く摂取し過ぎると免疫抑制が強くなってしまう危険があり、基疾病の予防目的・健康維持の目的であれば、1日量20〜40mgくらいの少ない量で摂取するのが良いと述べています。

 

また、英国食品基準局(FSA)の推奨では、CBD摂取量の上限を一日70mgと発表しています。

ただし、個人差があるので、いきなり上限量を摂取することはせず、

まず、ある量を基準に使い始めて、効きすぎるのであれば減量を、効かないようであれば増量をするのがよいでしょう。



 

麻(あさ)由来のCBDが違法ではない理由

 

法律面の安全性について解説します。

CBDは、麻(あさ)由来の成分ですが、違法な成分は含まれておらず、安全です。

麻(あさ)由来の成分だと、どこか違法のイメージがありますが、なぜ「違法ではない」のでしょうか。

 

麻(あさ)から採取できる「有効成分」には、主に以下2種類あります。

 

・CBD

・THC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール:Tetrahydrocannabinol)

 

THCには、幻覚作用や多幸感をもたらす作用があり、

CBDにはそのような精神作用はありません。

 

また、THCには依存性があると言われますが、CBDには依存性がありません。

 

そのため、大麻取締法では、実態としてTHCに着目して取締りを行っており、

「CBDは規制されていない」からというわけです。

 

日本で販売されるCBD製品には、厚生労働省に成分検査表を提出して、基準値のTHCが検出されていないと認められた原料が輸入されているため、違法性はありません。

興味はあるけれど「違法なのでは?」と心配な方も安心ですね。

 

CBDの副作用

 

WHOの「カンナビジオール(CBD) 事前審査報告書」によると、CBDの副作用は、「非常に軽い」とされ、「CBDは非常に安全で、幅広い容量で忍容性が良好である。

公衆衛生上の問題も濫用の危険性もない」と報告されています。

 

「忍容性」とは、副作用の程度を示します。医薬業界の用語で、「良好な忍容性」とは「副作用はあるが非常に軽い」ということを意味します。

 

どんな副作用があるかというと、口の中が乾く、眠気、立ち眩みなどが稀に見られるようです。

使用後、すぐに車を運転する場合などは注意しましょう。




 

安全なCBDグミを選ぶポイント

 

THCフリーの製品を選ぶ

日本で販売されるCBDグミには、違法であるTHCが基本的に入っていませんが、

念のため、購入する前にその製品にTHCが含まれていない(THCフリーである)ことを確認しましょう。

商品紹介ページに「THCフリー」や「THCが含まれていないことを示す」表記があるはずです。

 

amazonや楽天市場では、第三者機関への検査を依頼してTHC等が入っていないことが確認できていないと、CBDグミを販売できないので、そこから買うのも安心です。

 

国産のCBDグミを選ぶ

確実に安全性の高いグミを選びたいなら、国内向けに販売されている日本製のグミを購入するのをおすすめします。

アメリカでは州によってはTHCが合法なため、並行輸入した製品には違法な製品がある場合もあります。

また過去、海外製のグミに、日本で販売が認可されていない成分が混入していたことで、自主回収されたケースもありました。

国産、海外産どちらか迷ったときには国産のグミを選ぶと安心でしょう。

 

アレルギーの方は配合成分に注意

アレルギーの方は、CBDグミに配合されている成分も確認しましょう。

ゼラチンやデンプンの他、果汁や植物色素が含まれています。

公式サイトやAmazon、楽天市場などの購入ページにアレルギー表示がある場合もあるのでチェックしましょう。

 

まとめ

この記事では、CBDグミの安全性や副作用、安全なCBDグミを選ぶポイントをご紹介しました。

 

当社のCBDグミブランド、HARENOMI(ハレノミ)は、日本で製造の、国産の素材にこだわった安心・安全のCBDグミです。

 

HARENOMI (ハレノミ)

 

Amazonやデパートで話題の日本で製造された糖質オフでナチュラルなCBDグミ。

 

糖質オフで無添加なので、罪悪感なく夕方以降に食べられます。

 

体にやさしい国産素材にこだわり、人工甘味料やゲル化剤、光沢剤、着色料、精製された白砂糖は使用していません。

 

フレーバーは、高知県産の柚子を使ったフルーティな柚子レモン味と、

 

北海道産の赤ブドウを使った薔薇ワイン味の2種類です。

 

どちらも優しい甘味で食べやすい一方で、

 

CBD成分を一粒あたり30mg配合と高濃度に配合しています。

 

商品リンク

 

公式サイトからお得に買う(柚子檸檬味)

Amazonで詳細を見る(柚子檸檬味)

Amazonで詳細を見る(薔薇ワイン味)

 

 

こちらの記事ではCBDグミについて幅広く紹介しているので、もっと知りたい方はぜひチェックしてみてください。
CBD・CBDグミとは? その効果・食べ方、おすすめグミ3選


 

参考:カンナビジオール(CBD)事前審査報告書|世界保健機関(WHO)

http://cannabis.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20171206225443-F93DD6CFE8B1C092970601FFD88BDBE2E5F96AE8B22F18642F02F65C6737547F.pdf

 

参考:厚生労働省:大麻取締法等の施行状況と課題について

https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000941499.pdf

 

参考:一般社団法人 日本化粧品協会

https://japan-ca.jp/cbd/cbd_about

 

参考:英国食品基準庁(FSA)、2021年4月以降も引き続き販売可能なカンナビジオール(CBD)製品の申請手続きに関して最新の情報提供

https://www.food.gov.uk/news-alerts/news/food-standards-agency-sets-deadline-for-the-cbd-industry-and-provides-safety-advice-to-consumers

 

参考:ファーネットマガジン:正しい理解を持ち、CBDを健康な未来を創る味方に。

https://magazine.pha-net.jp/article/cbd_sato/

 

参考:診療と新薬 2021; 58: 541-562

https://gmcl.jp/pdf/FQA.pdf